演題登録

申込方法

第30回(一社)日本有病者歯科医療学会学術大会における一般演題(口演)を下記の要領で募集します。
原則、本ウェブサイトからのオンラインによる申込・登録となります。

発表者の資格

  • 発表者(共同演者も含む)は発表される学会の会員でなければなりません。
未加入の方は、至急手続きをお願いいたします。
入会手続きや会費納入に関しましては、日本有病者歯科医療学会事務局までお問い合わせください。
日本有病者歯科医療学会ホームページ

採否

  • 演題に関する採否および発表形式は、大会長にご一任願います。

発表形式

  • 口演発表(発表6分 質疑応答2分 計8分)

演題登録の手順

  1. 【演題登録システム】より以下の提出をお願いいたします。
  2. ・演題内容の提出(筆頭演者会員番号・筆頭演者氏名・筆頭演者所属先・メールアドレス・演題名・発表区分):5月16日(日)まで
    ・抄録本文:6月11日(金)まで
  3. 【COIアップロードシステム】より発表者の利益相反(COI)自己申告と開示をお願いいたします。
  4. 提出期間:2021年2月25日(木)~5月16日(日)
  5. 【発表時のパワーポイントの事前アップロード】よりパワーポイントの提出をお願いいたします。
  6. 提出期間:2021年2月25日(木)~6月25日(金)

発表区分

日本有病者歯科医療学会 発表区分
※歯科衛生士セクションは30を選択してください
1)薬剤関連顎骨壊死 2)抗血栓療法と観血的処置
3)周術期口腔管理 4)周術期管理・麻酔管理
5)摂食嚥下リハ・食支援 6)病院歯科の現状・課題
7)基礎研究 8)超高齢者
9)医療連携・地域包括ケアと歯科 10)基礎疾患と患者管理
11)有病者口腔ケア 12)臨床統計
13)先天異常・顎変形症 14)炎症・感染症
15)良性腫瘍・嚢胞 16)悪性腫瘍
17)歯科インプラント 18)外傷
19)口腔粘膜疾患 20)神経麻痺・顔面痛疾患
21)手術 22)睡眠歯学
23)唾液腺疾患 24)血液疾患
25)顎関節 26)心身医学
27)再生医学 28)医事紛争
29)その他 30)歯科衛生士セクション

演題登録システム

発表者の利益相反(COI)自己申告と開示

講演・口演に関わる利益相反(COI)自己申告書の提出方法
日本有病者歯科医療学会では、COI自己申告書の提出が必須となります。登録システムで発表抄録の登録後、PDFデータで利益相反(COI)自己申告書を続けてアップロードしてください。また、COIの詳細に関しましては、下記URLをご参照ください。

発表時のパワーポイントの事前アップロード

<事前アップロードする発表用データについて>
事前に発表時のパワーポイントを事務局で確認致します。LIVE配信の円滑な発表にご協力ください。
当日用意するPCのOSはWindows10です。
アプリケーションはMicrosoft PowerPoint 2007/2010/2016を搭載しております。
画面解像度はXGA(1024×768)です。ご使用になるPCの解像度をXGAに合わせてから発表データをご作成ください。
文字化け文字ずれを極力避けるため、フォントはOS標準のものをご使用ください。
例:Century, Century Gothic, Times New Romans, MS明朝, MSゴシック など
ファイル名は「講演番号_発表者名」としてください。
お預かりしたデータは、大会終了・配信後、パワーポイント資料・配信動画データ含めて消去いたします。
<作成スライド作成基準について>
スライドサイズはXGA(1024×768)(4:3)でご作成ください。
ワイド設定で作成されたデータは上下に空白が生じて投影されます。ご了承ください。
スムーズな進行をするために「発表者ツール」のご使用はご遠慮ください。
発表原稿が必要な方はあらかじめプリントアウトをお持ちください。会場でのプリントアウトは対応しておりません。
<利益相反(COI)の有無について>
口演発表をされる方は、発表スライドに利益相反状態を表示する必要があります。
学術大会の当日発表の際に発表者はタイトルスライドの次に以下PDFをダウンロードしたものを張り付けて作成ください。
【利益相反に該当しない場合のPDFデータのダウンロードはこちら】PDFダウンロード
【利益相反に該当する場合のPDFデータのダウンロードはこちら】PDFダウンロード

受賞について

  • 第30回日本有病者歯科医療学会学術大会は、お申込の一般演題の中から優秀発表賞を選考の上、表彰となります。